ネイルスクールに通ってネイリストになろう|支払った分の技術を取得

小論文を添削する

たくさんの人に添削をしてもらおう

自分が書いた文章を自分で読み返すよりも、誰かに読んでもらった方が、誤字脱字や論理のずれなどは発見しやすい。このことは、小論文の学習を行う上での「基礎中の基礎」と言えます。ですから、誰か一人に添削をしてもらうだけだと、小論文のレベルは中々その「基礎レベル」から上に伸ばすことが難しいのです。文章力をぐんぐん伸ばしていきたいのなら、なるべく複数のプロの目で読んでもらい、添削してもらうべきでしょう。今、多くの予備校や塾で、小論文の添削指導が行われています。プロの講師を中心に、現役大学生も指導陣に加えるなどの工夫をしているところもあり、その指導体制はどれも頼もしいものです。自分の希望する大学や、挑戦する資格試験の傾向に合った指導も、その中で必ず見つかるはずです。よりハイレベルな小論文を目指すのなら、すぐにでも予備校や塾に問い合わせて、自分に合った指導を受けると良いでしょう。

小論文の重要性は高まりつつある

小論文と聞いて多くの人がまず思い浮かべるのは、大学入試でしょう。現在では、小論文の力をもって入試を突破した、という大学生がだいぶ増えてきたように思えます。ですから小論文の添削指導は、大学入試合格を目指す受験生たちの間で需要がどんどん高まってきているのです。また受験生たちだけでなく、就職を目指す大学生や社会人の人たちも、文章力向上を目指して予備校に通う機会が増えてきました。そもそも小論文とは、どれだけ正確に資料を読み取れるか、短い時間でどれだけ思考を巡らせることができるかなどの、書き手の「考える力」が反映されるものです。この考える力は、社会に出てからより一層重要視されるものでしょう。ですから、小論文が出題される就職試験に対応したり、社内で企画書を書いたりするため、受験生以外の人々も小論文の添削指導を求めるようになってきたのです。

↑ PAGE TOP